着衣水泳始まりました

イベント参加人数

0名

子供達には、水着の上に長袖と長ズボンを着てきてもらい、実際に洋服を着て水に落ちてしまうとどうなるか体験してもらいます。
                            
溺れている大人の人を見つけたら・・・・という想定でコーチが説明を始めると、迫真の演技につられて、子供達も色んな意見をだしてくれます。                            (画像 1)

まずは、助ける!!と言った子・・・・・・コーチを助けようとして水に引きずりこまれてしまい、半泣き・・・・・・
とにかく大きな声を出して大人の人を呼ぼう〜 叫ぶ練習もします。

その他、遊びに出かけた時に持っていそうな、ペットボトル、ボール、ゴミ袋、傘、洋服などを使って水に浮くことが出来ることを実際に体験し、小さな子供
でも溺れている人を助ける手伝いを出来ることを学びます。 (画像 2)

とにかく、慌てない!!全ての年代の方に言えることです

水の中で目を開ける練習・・・・苦手だよね・・・でも慌てずに目をあければ安全な場所がわかるからすぐに動けるよね!
水中ジャンプの練習・・・・なかなか上手く出来ないよね〜でも、危険から身を守るためにとってもとっても大切な練習なんです!着衣泳をやってみるとよくわかると思います。

さて、レッスンが終わりびしょびしょになった水着はどうするかというと!自分たちで踏みふみして脱水〜これがまたかわいい〜     (画像 3)

お家に帰ったら、きっと今日の話をしてくれると思います。ゆっくり聞いてあげて欲しいと思います。
これから、海や川、プールなどに行く機会が多いと思います。みんなで気を付けて楽しい夏休みを過ごしてください!
(木沢)
 

画像(1) ウワ〜きもちわるい
画像(2) 浮いてる〜
画像(3) 脱水踏みふみ 
※画像撮影者/木沢

()

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。