この時期だから読んでみてください

イベント参加人数

0名

1月も、あっという間に過ぎ・・・「2月、逃げる!3月、さる・・!」
なんていう言葉を思い出してしまいますね。

卒園遠足、卒業準備、巣立ちの会なんていう会話が更衣室で聞かれるようになってきました。

子供達の間でも、「ランドセル、何色?」「机」が来たんだ〜!」
学年の上の方の女の子では、「卒業式の服!きめた?!」
などという、話まで出ています。

今回ご紹介したい絵本は、「ないた」という、中川ひろたかさんのお話です。

卒園卒業の季節によく聞かれる歌もたくさん書いている方で、例えば・・
「はじめの〜いっぽ〜♪」とか
「世界中のこどもたちが〜♪」など素敵な歌がたくさんあります。

涙は、悲しい時だけ、こぼれるのではなく・・・・

嬉しい時、悔しい時、寂しい時、感動した時・・時として笑いすぎた時!
色んな時にこぼれます・・・
いろんな涙が、言葉は少ないのですが、書かれています。

是非、今の時期、お子さんと一緒に読んで見てください。
幼児、園児、小学生そして、私たち大人・・・
一つの涙ですが、それぞれ違った感じ方、とらえかたになります。
是非、お父様にも読んでいただきたい一冊です!
(木沢)

画像/ないた
※画像撮影者/木沢

()

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。