みのむし!見つけた!!

イベント参加人数

0名

いいお天気だな〜と外をみたら・・・・上からゆ〜っくり何かが下がってきました!

よ〜くみると!!「みのむし」です〜それも大きい〜何年ぶりに見たか。
それから、しばらくの間ジ〜ッと見ていたら、ゆっくり下がってきて、居場所を見つけると動かなくなりました。

「みのむし」ってなんだっけ?

さっそくインターネットで検索してみました。
「ミノガ科のガの幼虫で、幼虫は枯葉や枯れ枝で身を包み、枝からぶら下って越冬をするそうです。藁で作った、雨具の「蓑」に似ていることから「みのむし」と言われるそうです。」
なるほど〜もっとよく観察してみたかったのですが・・・・虫が苦手の私はここまで近ずくのがやっとでした(汗)
それにしても最近見ないな〜と思い内田コーチに最近みた?と聞いてみましたが、やはりん・・・・いつ見たかな?と言う答えでした。

「最近は、ヤドリバエによる寄生で、生息が激減していて絶滅の危機」ともインターネットには書いてありました・・・・虫の世界もいろいろあるのですね・・・

ギリギリ近づいて撮ったみのむし君です!どう?みんな見たことあるかしら?(画像1・2)

(木沢)

画像(1):

大きいみのむし

画像(2):

越冬場所かな?

※画像撮影者/木沢
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。