避難訓練!真剣な表情!

イベント参加人数

0名

3・11東日本大震災から1年が経ちました。あの日は成人のレッスン中で、園児クラスの子供達が水着に着替えレッスンが始まるのををプールサイドで待っていました。もちろんレッスンに向かってきてくれている途中の子供達も余震の合間にオアシスに続々と到着してきていました。プールの水があふれる中速やかに避難する事が出来ましたが水の波打つ音は今でも忘れません。

今回のチャレンジ週間は、震災以来3回目の避難訓練を行っています。より安全に避難できるよう、お預りしているお子様達をしっかり守るため前回学習した事を踏まえスタッフ皆で話し合い改善しての非難訓練です。(画像1・2)

レッスンの合間に突然サイレンが鳴るという状況の中、幼児クラスの皆もそれはそれはしっかりコーチの話を聞き約束を守り訓練しています。びっくりしてしまいました。それだけ子供達の心にも残る出来事だったのだと思わされますね・・・

子供達はしっかりと自分の身を守る事も、自分が静かにする事で状況がみんなに伝わる事も、押したり走ったりしない事でお友達への思いやりや連帯感をつかめる事、周りを見回し
危険から回避しなくてはならない事など、本当にしっかりと自覚できているように感じることが出来ました。ご家族や学校や幼稚園などでも行われている訓練や話を真剣に受け止めているのでしょう。近隣の避難場所も告知していますが、みんな知っていましたし、「お母さんと待ち合わせをしている」というお子さんもいらっしゃいました。

この訓練を通しまたひとつ何か学んでくれることをスタッフ一同願っております。そしてお子様方をしっかり守れるよう更に考えて行きたいと思っています。子供達に、是非訓練について話を聞いてみてください。

(木沢)

画像(1):

静かに避難です

画像(2):

あわてないよ

※画像撮影者/木沢
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。