避難訓練を行いました

イベント参加人数

0名

今月のチャレンジは「非難訓練」を行ないました。普段、学校や幼稚園では、洋服を着て防災頭巾(ヘルメット)をかぶり、校庭・園庭に避難していますが、プールで泳いでいる時はどうしたら良いか?どこから非難すれば安全か?など、子供達とコーチが一緒に考え、実際の非難経路などを確認しました。子供達は、練習中に大きな笛が鳴る合図で一番近いプールサイドに上がり、その場で座りコーチの指示を待ちます。コーチ達は安全を確認し、子供達全員の人数確認をして、素早くタオルを渡します。今回は地震が起きたという設定なので、タオルを頭の上に置き非難します。「タオルは何の役目になりますか?」と言うコーチの問いに、子供達は「防災頭巾の代わり!」や「上から物が落ちてきた時に頭を守る!」などの答えがありました。その通り!大正解です。その後、みんなで非常口を確認しました。非常口を出たら駐輪場で保護者の方にお子様を引き渡します。ここまでが非難訓練の流れとなります。

みなさんもご存知だと思いますが、避難時には約束の合言葉があります。「お・か・し・も」です。

お…おさない
か…かけない
し…しゃべらない
も…もどらない

子供達は、しっかり「お・か・し・も」の約束を守り訓練しました。

私達コーチは、子供達の安全を守り安心してオアシスの通えるように、日頃から注意をしていきたいと思っています。これからも、保護者の方々に、ご理解とご協力をお願いいたします。

(北田)

画像(1):

タオル頭巾で頭を守ります。

画像(2):

非常口の確認です。

※画像撮影者/北田
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。