コーチも勉強!〜基礎が大切〜

イベント参加人数

0名

先日、クラブ営業後のプールを使用して9月に引き続きスイミングコーチの研修会を行いました。ずばり、今回の内容は「けのび」「背浮き」「キック」です!この3種目は4泳法(クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)の基礎となるとっても大切な種目なので研修を受けるコーチ達も真剣そのものです。最初にコーチ一人づつにデモレッスンをやっていただき、それに対してフィードバックをしながらスタートの仕方や補助の仕方を中心に研修を進めていきました。

ここで、この3種目のポイントについて簡単に説明します!
まずは、「けのび」です。お尻が下がらないようにスタートは壁の上のあたりを蹴ること。そして、壁をけったら高い所にある物を両手で取るように思いっきり背伸びをしておへそと腕を伸ばすことが大切です。

次に、「背浮き」です。けのびと同様にスタートはお尻が下がらないように足は壁の上あたりを蹴ること。耳とあごがプールにつかるくらい顔をお水に入れてしっかりとスタートの姿勢をつくることが大切です。

最後に、「キック」です。膝をたくさん曲げて膝下だけで水を叩いても進みません。足の大きく強い筋肉である太ももをしっかりと動かしてキックをすることが大切です。

オアシスキッズの子達が日々成長するように、コーチも成長しています!

(大貫)

画像(1):

仲間のコーチを生徒に見立ててデモレッスン!

画像(2):

講師の説明に真剣に耳を傾けるコーチ達

※画像撮影者/大貫
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。