おばあちゃんからの教え

イベント参加人数

0名

我が家は次女の初節句だったので、大きな七段のお雛様を飾りました。

お雛様は「子供にふりかかろうとする災いを代わりに引き受けてくれる」という役割があり「雛人形を出すときはお子さんと一緒に出すと愛が受け継がれる」と言われているそうで、無事その子が成人を迎えたら役目を終える、とおばあちゃんから教えてもらいました。

姉妹だと本来は2セット必要ということになりますが、用意できないので、おばあちゃんが手作りしてくれた雛人形を飾りました!顔は綿棒で、衣装は和紙で作ってあり、手作りにしかだせない温かさが、見ているだけで気持ちをホッとさせてくれます。

大きい雛壇を一人ずつには買ってあげられませんが「健やかに育ってくれますように」と大人たちからの願いを込めプレゼントしました。

(梶本)

画像(1):

おばあちゃん手作り

※画像撮影者/梶本
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。