コーチも勉強!クロール・背泳ぎ編

イベント参加人数

0名

先日、水曜日の午前中に今年2回目となるコーチの研修会を開催しました。今回のテーマは「クロール・背泳ぎ」についてです。前半にデモレッスンを各コーチにやっていただき、研修担当者からフィードバック。後半はペアになり補助の方法の確認と2時間みっちりと研修していただきました。

「クロールの呼吸がうまくできない!」
ポイントは水の中でしっかりと息を吐くこと(ブクブクをする)。そうすることで顔をあげた時に自然と息を吸うことができます。また、呼吸の時は「おでこ」からではなく「あご」からあげていくように意識すると自然な姿勢を保つことができます。

「背泳ぎのキックが沈む!」
ポイントは脱力です。余計な力を入れて体を緊張させるとどんどん沈んでしまいます。ベッドで寝ているようにリラックスし、プカーと浮かんでいる状態が基本になります。また、水を上に蹴り上げるだけではお尻が沈んでしまうので足の甲で水を蹴り上げた後は足の裏で水を下に蹴り下げる(水を押さえるようなイメージ)ようにすることも大切です。

上記のポイントはあくまでも一例に過ぎません。泳ぎのポイントはたくさんあります。コーチは子供一人一人の泳ぎをしっかりと見てその子供に合わせたアドバイスや補助をする必要があります。オアシスに通ってくれている子供達がスイミングの楽しさを実感していただけるようコーチも日々勉強しています!

(大貫)

画像(1):

真剣に研修担当者の説明に耳をかたむけるコーチ達

※画像撮影者/大貫
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。