避難訓練を実施しました

イベント参加人数

0名

今年は暖かいなあ、なんて思っていたら急に寒くなって冬らしくなってきましたね。体調を崩したりしていないでしょうか?

さて、オアシスキッズクラブ金町店では11月のチャレンジ週間を利用して避難訓練を実施しました。
レッスンの最中、急に地震や災害がおきたらどうすればいいのかな?どうやって逃げるのかな?そんなことをコーチたちと一緒に学びました。

まずはレッスン前に皆で災害時のお約束を確認します。
大切なキーワード「おかしも」。知っている子もたくさんいました。
お、、、押さない!
か、、、駆けない!
し、、、しゃべらない!
も、、、戻らない!
なんと、今はこれに加えて幼稚園や小学校では「な、、、泣かない!」が追加されて「おかしもな」と教わるそうです。子どもたちが教えてくれて、コーチも学ぶことが出来ました。ただ、知っているだけではなく実際できるかどうかが大事です。

画像(1)おかしも


その後、通常レッスンが行われ、皆が避難訓練を忘れかけてきた頃にプールのランプが点灯し、ブザーや笛が鳴らされます。コーチの指示にしたがい、素早くプールから離れ、避難をしました。そこで避難経路の確認と「おかしも」がしっかり実践出来たかを見直しました。泳いでいるとランプに気づくことは出来たかな?笛は聞こえたかな?慌てることなく避難することは出来たかな?

画像(2)プールサイドのランプ



画像(3)コーチのお話を聞いています



自然災害はいつ起こるかわかりません。寒くなってきて火事も起こるかもしれません。そんな時どうしたらいいか、ご自宅でもぜひお子様とお話しをしてみてください。

(丸山)

画像(1):

おかしも

画像(2):

プールサイドのランプ

画像(3):

コーチのお話を聞いています

※画像撮影者/丸山
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。