着衣泳を行いました

イベント参加人数

0名

いよいよ長い夏休みが始まりましたね!これから梅雨明けをして毎日暑い日が続くと海やプールに行かれる機会も多くなることと思います。そんな中で事故やケガなく楽しく過ごすために、万が一に備えて7/15(金)〜7/28(金)のチャレンジ週で着衣泳を行っています。

いつも通りに準備体操をしてから、まずは紙芝居をつかってみんなでお勉強です!

画像(1)紙芝居でお勉強です。



「溺れているひとをみつけたときは333に電話をする!」「いや、7119だよ!」など様々な声がプールサイドでは飛びかっておりました(笑)溺れているひとをみつけたときはどうすれば良いのか?逆にもしも自分が溺れてしまったときはどうすれば良いのか?時には楽しく時には真剣にみんな紙芝居を聞いてくれていました。

お勉強のあとは実際に服を着てプールに入ります。救助用浮き具として身近にあるペットボトルを使用致しました。助ける役の子は溺れている役の子の近くにペットボトルを投げるのですが、難しそうでみんな何度もチャレンジしていました。溺れている役の子はいつも水着のときならすんなり仰向けに浮ける子もなかなか浮けなかったり、ペットボトルの使い方に苦戦していたりと色々な場面が見受けられました。最後にプールの中で着ている服を脱ぐのですが、意外とみんなこれが一番難しそうでした(笑)

画像(2)上手に浮けました。


画像(3)みんな真剣な顔です・


今回使用しました紙芝居は当スタッフの手作りとなっていて、子どもだけに見せるのはもったいない!ぜひ保護者様にも見ていただきたい!と只今交渉中でございます。

この度、長袖・長ズボンと用意していただくものがございましたが、皆様のご協力誠にありがとうございました。

(黒木)

画像(1):

紙芝居でお勉強です。

画像(2):

上手に浮けました。

画像(3):

みんな真剣な顔です・

※画像撮影者/丸山
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。