「早く泳ぐため」に効果的な練習内容

皆さんオアシススイムフェスタで一番出場者が多い種目は何だと思いますか?

●プールでまず始めに泳ぐ種目
●一番最初に覚えた種目
●一番長く泳げる種目

と人それぞれだと思いますが、スイムフェスタに出場される大半はやっぱりクロール!
そこで、今日はとても簡単にタイムが伸びる(早く泳げる)ポイントをご紹介します!

<クロールを早く泳ぐポイント>
呼吸の回数を今よりも少なくする!

呼吸をするという事は顔を上げている分だけ、呼吸をする時間を作る分だけ、「水の抵抗」が生まれてしまいます。その「抵抗」をなるべく少なくすることが出来れば、今よりももっと早く泳ぐことが可能なのです。呼吸をあと1回少なく泳いでみませんか?「抵抗」を少なくする泳ぎの仲間入りです!

<呼吸数を少なくする練習方法>
25m×4本×2set
(1本目→3回に1回呼吸、2本目→5回に1回呼吸、3本目→7回に1回呼吸、4本目→9回に1回呼吸)
呼吸を我慢する分苦しくなってきます。少しずつでいいので「我慢」の時間を増やしてみましょう!9回に1回が余裕と感じてきたら次は11回に1回に挑戦です!

肺活量も強化されるので心肺機能の向上にも繋がります。是非試してみてください。

(古屋)

画像(1):

顔を上げる回数を少なくしていきます(写真は古谷です)

※画像撮影者/清水
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。