カルチャークラス報告〜ヒップホップダンス〜

ヒップホップのクラスは年中〜小学2年クラス、小学2年〜小学6年クラスがあります。開講当初は女の子がほとんどでしたが、最近は男の子の人数も増えて来ました。みんな踊ることが好きなので、常に動きの確認をするなど自分達で自由に踊ったりしている元気な子がたくさんいます。

レッスンの始めはストレッチから、怪我をしないようにウォーミングアップは大切です。基本のステップからリズム取り、1つ1つの振り付けを徐々に加えていきます。全員同じ踊りではなくタイミングや移動など1人1人違うので自分だけではなく周りの仲間の動きも確認が必要です。しっかり振り付けを覚えるだけでなく、一緒に練習している仲間を思いやったり、指摘し合えたりと子供達が自分達で考えて行動できるような環境を作っています。

最初はみんなについていくのが大変だった子も周りの仲間の助けを借りてだんだんと笑顔が増え楽しく踊っている姿をみると、私達講師もとても嬉しくなります。

年に2回行われる発表会に向けて、子供達は一生懸命練習をしています。普段の練習を見ることが出来ないお父さんやお母さん、中にはおじいちゃん・おばあちゃんも見に来てくれるのでみんな張り切っています。

みんなが発表会でかっこよく・かわいく踊れるように楽しく・元気に練習していきたいですね!

(ヒップホップ講師・山口)

画像(1):

まずはストレッチもしっかりと

画像(2):

動きの確認をして

画像(3):

曲に合わせて踊ります

※画像撮影者/垣澤
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。