私の元気の源

徐々に気温も暖かくなり始めていますが、プールサイドは子供達の元気な笑顔と声で溢れ、すでに活気づいています。

私は昨年の10月より、オアシスでコーチをしており、早いものでもう半年が経とうとしています。今までは他のコーチのクラスでレッスンの勉強をしていましたが、今年の2月から、念願の単独でのクラス担当しています。

クラスを担当すると大変なこともありますが、子供達の出来ることが増えていく過程を見ることができ、それに貢献できていることに喜びを感じています。
そしてなにより嬉しいことは、子供達が「コーチ」ではなく「高木コーチ」と話かけてくれる
ことです。学校の事やお友達の事、時には子供らしい悩みを話してくれます。その度にプール
コーチになれて良かったと感じています。子供達と接していると自分が自然に笑顔になっている事に気づきます、きっと子供達から元気をもらっているということだと思います。

これからもより一層子供達との時間を大切にし、子供達にとっても『元気になれる場所』になるように、努めていきたいと思います。

(高木)

画像(1):

子供達の出来ることが増えていく過程に貢献できるのがコーチとしての喜びです

画像(2):

プールサイドでもコミュニケーション!

※画像撮影者/三浦
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。