年初めは福笑い

今年始めのチャレンジは『福笑い』です。3チームに分かれてのっぺらぼうになっている夢の国のキャラクターや未来から来た猫型ロボット、黄色いモンスター、森の大きな主などの顔に『目』『鼻』『口』のパーツをはっていきます。

パーツは完成時に無関係なものもたくさんあり、子供たちはパーツ選びに悪戦苦闘していました。みんながよく知っているキャラクターではパーツを選ぶのが早いですが、あまり知らないキャラクターではパーツ選びが難しく、たくさんのパーツを試しながら完成させていました。応援にまわっている子供たちも「○○の顔だから、それじゃないよ」「口はもっと大きいよ」などと声をだして協力していました。

小学生のお兄さん・お姉さんたちがコーチたちと一緒に作る変な顔のキャラクターは園児さんたちにとってはとても楽しかったようで、真似っこして変な顔を作るなど楽しんでいました。

今年度もあと2ヵ月で終わります。新しい学年になる前に一つ上の級に上がれるように、コーチと一緒に練習を頑張りましょう。

(御領園)

画像(1):

どのパーツを使うのかな?

画像(2):

どのチームが一番早いかな?

画像(3):

パーツの置き場をみんなで考え中

※画像撮影者/三浦
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。