スキーキャンプはじまり(1日目)

待ちに待ったスキーキャンプのはじまりです。
南大沢駅改札前、朝6:15に全員集合!緊張しているのか眠そうな子供はいませんでした。南大沢〜新宿〜東京と電車を乗り継ぎ新幹線改札で他店舗の参加者と合流しました。
上野と大宮で残りの3店舗が合流して、子供:51名、スタッフ:9名、合計60名の3日間がはじまりました。新幹線が長野駅に近づいて来ると、窓の外を見ていた子供たちから「雪がある!」と声があがります。長野駅からは、大型バスに乗り換えてホテルタングラムへ!

画像(1)到着、長野駅!



到着後、荷物を確認して各部屋へ移動し昼食の準備です。やはりキャンプの昼食といえばカレーライス、みんな残さず食べていました。昼食後は、いよいよスキー開始です。
スキーがはじめての子供から、スキー経験者まで今回はA〜F班の6班に分かれて練習開始です。初めての子供たちは、まずはスキーブーツの履き方から確認します。ブーツが履けたらブーツに慣れるように雪の上を歩いたり、走ったりします。この時点で、汗が吹き出てきます。ブーツの後は、スキー板に慣れなければなりません。まずは、スキー板を片方だけ履いて滑る練習。片足滑りに慣れたら、両方の足にスキー板を履いて平地を歩いたり、滑ったりの練習です。ある程度スキー板を扱えるようになったら“ちょっとした坂”からの滑走!この“ちょっとした坂”が大変なのです。また、滑るためには斜面を登らなければならないのですが、雪の斜面は簡単には登れません。ここでも、子供たちは汗をかきながら頑張って練習していました。スキー経験者は頂上からたくさん滑りました。

画像(2)いざ、山頂!



練習後は、お風呂です。露天風呂や大きな浴槽に子供たちは大はしゃぎです。お風呂の後は、スキーよりもテンションがあがる食事の時間です。毎年春のスキーキャンプは、朝と夜はバイキングです。みんな思い思いに好きなものを好きなだけ食べていました。お昼にカレーライスを食べたのに、またカレーを食べている子供やお皿に山盛りのカニ!食事の後は、マジックショーを満喫しました。

(落合)

画像(1):

到着、長野駅!

画像(2):

いざ、山頂!

※画像撮影者/落合
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。