霧のスキーキャンプ(3日目)

いよいよ最終日になりました。天気は昨日と一転して濃霧!ほとんど前が見えません。

画像(1)見えません。



今回、スキーキャンプ最大のイベントは、スキー検定!通称“バッチテスト”です。テストといってもジュニアスキー検定なので、スキーインストラクターが練習の中でアドバイスをしながらスキルをチェックして級判定をする方法なので、子供たちも緊張せずに自分の力が発揮できたと思います。
午前中スキーが終わり、最終日の最大の山場“荷物整理”を迎えます。3日間の男の子部屋を見ている限り、自分の物がきちんと管理されているのか心配です。初日と荷物の量は変わっていないはずなのに、バックがパンパンになっている子供やバックが閉まらずに荷物が飛び出している子供がたくさんいました。ちなみに女の子は違います。
ホテルから長野駅に向かうバスの中は、多くの子供たちが気絶しているように眠っていました。
南大沢駅の改札で、保護者の方の顔を見た時の子供たちの笑顔は“嬉しい”と“恥ずかしい”が混ざった、とても良い顔をしていました。わずか3日間ですが、子供たちは大きな成長したスキーキャンプだったと思います。

(落合)

画像(1):

見えません。

※画像撮影者/落合
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。