大切な命を守るために

4月11日心肺蘇生法(CPR、AED)の研修を行いました。プールやスタジオで運動をしている際に、お子様にもしものことが起きたときに備え、迅速に対応できるようオアシスのスタッフやコーチは定期的にこの研修を行っています。

みなさんも『AED』という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。AEDだけでは命を救うことは難しいです。そこで大事なのがCPRです。CPRとは胸骨圧迫と人工呼吸のことで、胸骨圧迫30回に対し人工呼吸2回の繰り返しを行ってAEDや救急隊の到着を待ちます。CPRを行うのと行わないのでは生還率は2倍も変わります。

AEDとは自動体外式除細動器といって心臓に電気的なショックを与え正常なリズムを取り戻す為の医療機器です。AEDはオアシスには2つ設置していますが、オアシス外でも学校や駅などの公共施設に設置されています。初めての方でも電源をつければ使い方を音声で流れにそって案内をしてくれるのでしっかり使えます。

画像(1)オアシスにあるAED


このような研修を行い、私たちはたくさんの大切な命をお預かりしているということを再確認しました。安心してレッスンを受けていただけますようスタッフ一同これからも精進していきます。

(山内)

画像(1):

オアシスにあるAED

※画像撮影者/三浦
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。