パンとシチュー作りました

3月9日の日曜日、日帰りイベント「ダッチオーブンでパンとシチュー作り&ピカソのタマゴ」で相模湖プレジャーフォレストへ行って来ました。今回の参加者は小学校1年生〜小学校4年生までの7名でした。朝オアシスを出発したバスの中ではコーチたちが心配になるくらいに「あと何分で着く?」「着いたら何するの?」など大賑わいでした。

到着後、自分たちでダッチオーブンやお鍋、炭、食材をクッキングガーデンへ運び、パンとシチュー作りのスタートです。パン作りは粉の状態から作り始めるのですが、生地を手にべったり付けながら一生懸命こねていると、だんだんと生地がまとまるにつれて手についていた生地もきれいに無くなっていました。生地がまとまったらしばらく醗酵させるために温かい場所で寝かせます。次にシチューの具材準備です。にんじん、たまねぎ、ジャガイモの皮を剥いて一口サイズに切ってお鍋に入れて炒めていきます。具材を炒めている間に醗酵させたパン生地を好きな動物や形、自分のイニシャルなどに形成し、順番にダッチオーブンで焼いてきます。全員のパンが焼きあがると、あとはシチューの完成を待つだけ・・・ですが、なかなか野菜に火が通らず、おいしそうなパンの匂いが漂う中待ちぼうけ状態に子供たちは「お腹すいた!」「早く食べたい!!」の大合唱。炭火の勢いをあげてなんとかシチューを完成させ、全てのメニューが揃ったところで昼食開始!手作りパンはモチモチしていてとっても美味しく、今まで賑やかだったテーブルが嘘のように誰一人言葉を発せず食べるのに夢中になっていました。

画像(1)待ちに待ったシチュー


昼食が終わると次はアタマとカラダを使った運動です。まずはリフトに乗って園内で一番高い場所へ移動し光の並木道などを通って下に降りてから待ちに待った『ピカソのタマゴ』へ向かいました。荷物を置いてスタート地点へ集合、もうすでに子供たちはやる気満々です。迷路やアスレチックを誰が一番にゴールするか、競争しながら楽しんでいました。途中リタイアしたのはコーチだけで、子供たちは全員ゴールに辿り着くことが出来ました。まだまだ遊び足りない子供たちでしたが、バスの中では「あれが楽しかった」「また来たい」と最後まで大盛り上がりでした。

画像(2)みんなでハイキング


画像(3)説明をしっかり聞いてスタートです


イベントでは普段、オアシスで活動している子供たちとは違う様子が見られるので、今後も色々なイベントにたくさんの子供たちが参加してくれれば良いと思います。

(三浦)

画像(1):

待ちに待ったシチュー

画像(2):

みんなでハイキング

画像(3):

説明をしっかり聞いてスタートです

※画像撮影者/落合
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。