冬には心も暖かく

寒い日が続くようになり、冬のおとずれを感じられるようになりましたね。
しかし寒いと出かけるのも億劫になりますよね。そんな日は、暖かい部屋で、暖かい飲み物を飲みながら、本を読んでのんびりするのもいいのではないでしょうか。

最近読んだ本は、「ボーイズ・ビー」という小説。
主人公は、小学六年生の隼人という男の子と靴職人のおじいさん。
隼人と弟、隼人と父親、隼人と亡くなった母親、隼人と友人、そして隼人と七十歳の靴職人のおじいさん。物語は隼人とおじいさんの目線で物語が進みますが、それぞれの関係や葛藤や成長していく姿をとても身近に感じることが出来ます。そしてどんなことも正面から向き合って一生懸命考えることが大事なんだなと教えてくれる作品でした。

冬には心も暖まる本もいいですよね。

(本木)

画像(1):

最近読んだ小説です。

※画像撮影者/白川
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。