キッズスイミング「着衣泳!」

イベント参加人数

0名

先週末は肌寒い2日間でしたが、週明けからは天気も回復し気温も上昇、ようやく夏らしい陽気になってきました!そんな7月23日から始まったチャレンジ週間は子供たちも夏休みに入るタイミングというのもあり、今回は「着衣泳」を実施しました。

最初にコーチからのお話と「もし服を着た状態で水の中に落ちたら…」という設定でデモンストレーションを行いました。「自分が水の中に落ちてしまったら…」「水の中に落ちている人を発見したら…」どうしよう?子供たちに問いかけると興味津々な顔つきの中、緊張した面持ちで質問に答えていました。

デモンストレーションの後、各クラスに分かれて実際に水の中で動いてみると「動きづらい!」とか「浮きやすい!」など子供たちも素直な気持ちを答えてくれました。中には用意した服が大きすぎて「脱げる〜!」と叫んでいた子もいたりして、いつもより少しにぎやかな練習風景でした。

そしてデモンストレーションの時に浮く道具として使用したペットボトルを実際に子供たちにも背浮きの体勢で抱えてもらうと「何も持たないで背浮きをするよりもずっと楽に浮いていられる!」という実感をしてもらえました。

大人も子供もアクシデントに遭遇しないのが1番ですが、普段の泳ぐ練習だけでなく「もしも」の時にどう行動したら良いか?コーチたちも再認識し子供たちにも大切な事を伝える事が出来て、とても有意義なチャレンジ週間となりました。

(高木)

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。