鋸山ロープウェイチーム その2

イベント参加人数

30名

前回の鋸山ロープウェイチームその1の続きです。

楽しみにしていたロープウェイが急遽運休になってしまいました。
がっかりしている子供達に「鋸山に自分達の足で登る?」と問いかけると、
「登りたい!」と子供達はやる気満々です。来た道を少し引き換えし、1時間に1本しかない電車にギリギリ乗ることができました。「浜金谷駅」から登山道がある「保田駅」に向かいます。

画像(1)間に合いました。


保田駅からは長い登山のスタートです。道の途中、菜の花や色とりどりの花が咲いており、また田んぼにはおたまじゃくしがいて、たくさんの春を見つけながら歩きました。平坦な道から、長い坂道に入り、みんな元気がなくなってきました。疲れている子のリュックをコーチが持ちながら登っていると、「もう自分で持てるから、他の子を持ってあげて。」と、重たいリュックを再び背負い歩き出す子、「最後まで自分で持っていく」と頑張っている子、一生懸命みんなで励まし合い助け合いながら、やっとの思いで鋸山の管理所に到着しました。小さい足で、汗いっぱいになりながら、本当によくやり遂げました!!みんなの頑張りと成長にコーチ達は心から感動しました。

画像(2)きれいに咲いていました。


日本一の高さの大仏様がいる広場で待ちに待ったお弁当タイムです。頑張った後のご飯は一段と美味しいね。みんなで仲良く食べていると、空からトンビがお弁当を狙っています。「お弁当を守れ!」みんなで空を睨んでいると、諦めたのかトンビは山の向こうへ逃げていきました。

画像(3)美味しいね!!


パワーを充電し、鋸山を散策。残念ながら名所の「地獄覗き」には行けませんでしたが、切り立った岩の下を通ったり、石像を見たりしました。帰りはロープウェイの会社の方が車を手配して下さり、金谷港へ。無事登山チームのお兄さんお姉さんと合流できました。
帰りのフェリーの中でも疲れ知らずの子供達は元気いっぱいです。久里浜港へ到着し、おうちの方と会った時の誇らしげな笑顔は、キラキラと輝いていました。

画像(4)散策中


画像(5)みんな頑張りました。


さて、登山チームはどんな様子だったのでしょう。
「登山チームその1」に続きます。

(土屋)

画像(1):

間に合いました。

画像(2):

きれいに咲いていました。

画像(3):

美味しいね!!

画像(4):

散策中

画像(5):

みんな頑張りました。

※画像撮影者/石塚
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。