空手昇級審査

イベント参加人数

0名

空手の昇級とは、空手技術の向上と心の成長を見極め、レベルに応じて級を認定することです。
今までは東神奈川木元道場に集まって行っていた昇級審査ですが、今回は初めてレッスンの中で行う事となりました。
慣れた場所での審査は気持ちが緩むのではないかと思い、緊張感を持って行う様伝えましたが、皆いつも以上に頑張っていて、合格したい気持ちがとても伝わってきました。

画像(1)



画像(2)


級を上げるという目標を持って稽古する事により、やる気が出たり、更に合格すれば自信がつくなど良い面がありますが、昇級することだけが目的になってしまうと、空手技術を深めたり心の成長人格形成が疎かになってしまうといった悪い面もあります。

また上達の速さには個人差があり、いろいろな要因により昇級するタイミングも人それぞれで、武道は誰かと比べたり昇級の速さを競うものではなく、稽古を通じて自分自身を高めていくことが大切です。なかなか昇級できなかったり、昇級してもあまり成長が感じられないように見える時もありますが、長く稽古を続けることで必ず変化が感じられるようになる時が来ます。

武道の精神を自分の生活の一部とし、自分のペースで稽古を続け、自分自身を成長させていく事を心掛けてほしいと願っています。

画像(3)



画像(4)


(播田)

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。