キッズクラブを知ろう〜スイミング幼児クラス編(後編)〜

前回に引き続き幼児クラスについて坂上コーチと稲垣コーチにお話を伺いました!

Q.教える上で一番気にかけていることは?
お子様が「自分で出来た!!」という満足感を味わえるようにしています。
顔を少しでも浸けれたら「すごい!!自分でできたね!!」と繰り返し声かけるようにしています。その満足感がやがてお子様の自信となり、次の段階にも挑戦してみようという意欲にもつながります。このような、日々のちょっとした「できた」を見逃さず、大切にしようと思っています。
また、お母様方の声援をもらうこと!!ちょっと苦手な事も「ママに見せてあげようか」と声をかけると、勇気を振り絞って頑張る子供たち。窓越しに「見ててね」とサインを送り、できた時にはお母様方の「やったね!!」という笑顔で、お子様たちは「もう1回やってみる」と頑張ってくれます。お母様の力はやはりすごいです!! (稲垣コーチ)

事故や怪我についてはもちろんですが、レッスンに来たお子様が笑顔でレッスンできるように、また来たいなと思ってもらえるようにしています。 (坂上コーチ)

Q.レッスンしていくにつれて変化するポイントで一番多いところは?
お子様の顔が変わります!泣いて嫌がっていたお子様は特に! (坂上コーチ)

Q.最後に、これから幼児クラスを考えている親御様にひとこと!
すべてのスタッフが一人一人のお子様に合わせて、とても楽しくレッスンしています。 (稲垣コーチ)

水の楽しさは水に入らなければわかりません。陸上では体験できない事がたくさんあります。小さいうちからこの楽しさを是非体験させてあげてほしいと思います (坂上コーチ)

以上、坂上コーチ・稲垣コーチのお話でした。コーチ達も子供たちの事をよ〜く見ています。それが少しでも伝わればと思いました!
是非見学や無料体験にも来てみてくださいね!
(宇佐美)

画像/みんな泣いたりすることもありますが、がんばって練習してくれてます! 
※画像撮影者/宇佐美

()

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。