ハッピーハロウィン

少しずつ日本にも浸透してきたハロウィンですがみなさんはハロウィンの意味を知っていますか?

もともとはキリスト教の亡き聖人たちを祭るカトリックの行事の前夜祭で、そこから発展して今のような形になったそうですが、簡単に言うと、アメリカの子供たちのためのお祭です。

子供たちが魔女やお化けの格好をして近所のおうちを「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)=おかしをくれないとイタズラするぞー」と言いながら周り、お菓子をもらって歩くイベントです。

子供達のためのお祭りという事で、港北店キッズクラブでもハロウィンイベントを行いました。
コーチから教えてもらった合言葉を、フロントで言ってもらった子供達にお菓子のプレゼントがありました。

入口に暗幕を張り、クラブ内もパンプキンヘッドやおばけなどの装飾でうめつくし、ハロウィンの雰囲気をたっぷり楽しんでもらえるようにコーチたちで飾り付けをしました。
エレベーターを降りるなり「すごーい」と歓声をあげてくれる子もいたり、お母さん達からもとても好評で、コーチたちにも嬉しいイベントでした。

恥ずかしがって合言葉をなかなか言えない子、合言葉を何度も言って、お菓子をたくさんほしがるやんちゃな子、様々な子供達の表情を見ることができ、とても楽しいイベントになりました。

(吉田)

画像(1):

ハロウィンの雰囲気たっぷり

画像(2):

フロントも飾り付け

画像(3):

トリックオアトリート

※画像撮影者/鈴木
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。