ストロベリーハンター現る

先日、友人達と茨城まで、いちご狩りにいってきました。
いちご狩りは、自分が幼稚園の時、遠足でいったきりで、少し懐かしい気分になりました。

時間無制限で食べ放題とあって、胃袋をいちご用に空けてスタンバイ。
友人達とチームに分かれて、どのチームが一番多くいちごを食べられるか競いました。

いちごを摘み、その場で食べるというシステムで、摘みたてのいちごはすごく甘く、とても美味でした・・・。中には特大のいちごもあり、スーパーで売っているのとはまた違う野性味溢れるいちごを存分に堪能しました。

夢中になって食べ、1時間後、ケースに残ったいちごのヘタの数を数えてみると・・・・、なんと60個も食べてしまいました。
食べ過ぎました。
ちなみに、私のチームは、全員で165個も食べていました。
もちろん、いちご狩り勝負は、私のチームの圧勝で幕を閉じました!

それだけいちごをたくさん食べたにもかかわらず、おみやげ用にもしっかりいちごを摘んで帰りました。春の味覚を一足先に、満喫できた1日でした。

茨城といえば、大きくて甘みのある新品種「ひたち姫」を県で開発するなどいちご栽培が盛んな地域で、いちご狩りができる農園も沢山あります。
いちご狩りは通常5月上旬まで行われているようですので、これから徐々に温かくなる季節、行楽にいかがでしょうか?

(松原)

画像(1):

おみやげ用

画像(2):

いちご発見

画像(3):

途中経過、まだまだ食べられます

※画像撮影者/松原
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。