田植えに行ったよ!

5月27日(日)キッズクラブイベントで田植えに千葉県まで行ってきました。
港北店からは3名の子供たちが参加、全店の参加者はナント総勢42名の大所帯でした。子供たちの願いが届いたのでしょう、当日は絶好の田植え日和でした。田植えの経験は殆どの子供たちが無く、初体験という子供が多く田んぼを目にするまでは、ワクワクドキドキでした。

道中でも嬉しい風景に遭遇です。オープンしたばかりのスカイツリー、東京ゲートブリッジやアミューズメントパークを横目にバスの中でも大はしゃぎです。港北店から多摩川店を経由して約2時間半程度で開催地の『なんじゃもんじゃ』に到着です。

まずは田植えを行う前に腹ごしらえです。みんなで太巻き作りにチャレンジ!現地のベテランスタッフの方々に作り方を教えてもらいながら、一生懸命作っていました。巻いた状態のままでは、どんな模様が浮かび上がるか分かりませんでしたが、包丁で切ってみるときれいな「さくらんぼ」が見えました。

画像(1)さくらんぼ模様の太巻きをパクリ



お父さん、お母さんに持って帰る〜と、太巻きはそこそこに用意して頂いた豚汁を何杯もお替りしていました。

いよいよ今回のメインイベント田植えのスタートです。帽子をかぶりタオルを巻いて日射病対策もバッチリ!準備が整ったところで、いざ田んぼの中へ。田植え名人のお兄さんから田植えをする上でのルール説明です。このときばかりは、みんな真剣な眼差しでしっかりと話を聞いていました。

画像(2)田植え名人「米っち」のお話しを真剣に聞いてます



説明が一通り終わると、参加者全員に苗が渡され、いざ田んぼの中へ足を踏み入れます。田んぼの中はとっても滑りやすく、慎重に歩いていても尻もちをついて早くも泥だらけになってしまった子供もチラホラいました。

画像(3)この小さな苗が秋にはお米になります



子供たちはお構いなしで、初体験の田植えに「キャーキャー、ワーワー」と興奮の声があちらこちらから聞こえてきました。みんなで植えた苗は、一つの苗でおよそお茶碗1杯分になるそうです。苗を10植えたら10杯分になると聞いてみんな驚きです。苗が全てなくなるまで、もっとやりたい、まだ帰りたくないという声があちらこちらで飛び交っていました。

太巻き作りに田植えと初体験のこと尽くしで大興奮の子供たち、コーチの予想に反して帰りのバスも元気一杯!ご帰宅後には、恐らくぐっすり眠られたことでしょう。自分たちが植えた苗が、稲穂になって太巻きをお腹一杯に食べている夢でも見れたかな。

いまから稲穂になる時期が待ち遠しいですね。

(茅嶋)

画像(1):

さくらんぼ模様の太巻きをパクリ

画像(2):

田植え名人「米っち」のお話しを真剣に聞いてます

画像(3):

この小さな苗が秋にはお米になります

※画像撮影者/茅嶋
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。