貴重な体験

6月15日(日)、千葉県富津海岸へ潮干狩りに行ってまいりました。
梅雨の真っ只中で天気が心配されましたが、当日は天候に恵まれ、潮干狩りに、海苔付け体験…存分に楽しむことができました。

海岸へ着くと、網と熊手を手渡され、いざ出陣!!
最初のうちは、『あった!!』と思っても貝殻だったり、なかなか思うようにみつけられませんでしたが、周りにいたベテランさんたちから、『この辺にたくさんあるよ〜!!』と教えてもらったり、アドバイスをもらったりしているうちに、自分たちでどんどん見つけて、みるみる網が貝でいっぱいになっていきました。最初のうちは、『○個目見つけた!!』と
報告してくれた子も、『いっぱい過ぎてわからな〜い』『運ぶの重たい!』と嬉しい悲鳴に変わっていきました。
砂の中に手を突っ込んで、貝が出てくるのは、まるで宝探しみたいで、子どもたちはもちろん、私を含めた大人も、童心に返って、楽しんでいたように思います。

画像(1)まるで宝探し!!


みんなでご飯を食べた後は、のり付け体験も楽しみました!紙すきのように、のりが均等になるように水の中で広げていきます。今は、機械で作るのが当たり前ですが、昔はこうやって、1枚1枚作っていたと思うと、改めて食べ物に対する感謝の気持ちも生まれます。のり付けを教えてくださった、職人さんの早業にも驚きつつ、みんな貴重な体験ができました。夏は湿度が多く、みんなが作った海苔が、うまく乾燥するかわからないそうですが、パリッとした海苔ができあがることを皆で祈りましょうね★

画像(2)皆が作った海苔を乾かし中


今回ご参加くださった皆様、ありがとうございました。今後も、オアシスでは、会員の皆さまにいろいろな経験をしていただけるようなイベントを実施予定です。今後も皆さまのご参加をお持ちしております。

(平井)

画像(1):

まるで宝探し!!

画像(2):

皆が作った海苔を乾かし中

※画像撮影者/河原田
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。