「着衣泳」学習しました!

オアシスでは水上安全指導として、年に1度「着衣泳」を実施しています。
これから、夏に向けて水の事故が多くなります。あやまって水に落ちて溺れてしまう事故は、その多くが魚釣りや水遊び中など、服を着た状態で起こっています。服を着た状態ですと、うまく手足を動かすことができず、泳ぐことが困難になります。
着衣泳のレッスンでは服を着たままプールに入り、動きにくいことを体験したり、洋服やペットボトルなどの道具の浮力によって浮く方法を学びました。
コーチのデモンストレーションでは、コーチが水に落とされたり、溺れている姿に大笑い!命に関わる学習ですが、子どもたちは楽しく学んでいました!

(小林)

画像(1):

ゴミ袋に空気と少しの重りを入れて助けました!(コーチデモンストレーション)

画像(2):

ペットボトルには少しお水を入れると風が吹いても流されにくいね!

画像(3):

ペットボトルで上手に浮くことができました!

※画像撮影者/小林
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。