プールで強い体になろう!第3弾!

みなさんこんにちは!
今日は久しぶりにスイミングで得られるメリットについてお話しします。
今日のテーマは「自律神経」。
自律神経とは、体温調節や、内臓の働き、代謝など、何も意識していなくても24時間自動的に機能し、私たちの体を調整してくれている神経です。

自律神経には、緊張している時や活発に活動している時に優位になる「交感神経」と、リラックスしている時や夜間に優位になる「副交感神経」の2種類があり、そのどちらが乱れても不眠や日中のだるさ、動機や不安感、また肩こりや頭痛など心身ともに様々な支障をきたしてしまいます。
そしてなにより怖いのが免疫力が低下してしまうことです。

不規則な生活習慣やストレスなどが原因で乱れやすいため規則正しい生活を送ることがなにより大切ですが、プールで泳ぐことでも自律神経を整えることができると言われています!
その理由として、猫背による胸式呼吸や運動不足も自律神経を乱すおおきな要因の一つだからです。

プールでの運動は水中でバランスを取るために自然に背筋を伸ばすことと、呼吸を制限されることにより必然的に腹式呼吸になることから自律神経を整えるのに最適なのです!

プールで自律神経を整え、風邪やウイルスに負けない身体をつくりましょう!

画像(1)


(秋元)

拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。