子どもの日といえば?

イベント参加人数

0名

皆さん子どもの日と言えば何を思い浮かべますか?鯉のぼり、柏餅、兜、菖蒲湯などなど色々ありますよね。

端午の節句ともいうこの日ですが、祝日になったのには『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する』といい、親は子供の健やかな成長や幸せを願い、子供は両親に感謝の気持ちを持つ日との意味が込められています。

祝い方は家庭によって違いがあると思います。大きな鯉のぼりを飾ったり、五月人形を飾ったり、ご飯が豪華だったりと様々な祝い方があります。ですが、どの家庭も『子供が元気に成長してくれること』を願っていることには変わりありませんね。

私たちコーチも、日々みんなの成長を見ることが出来てとても楽しいです。できなかったことができるようになったり、苦手でもやってみようと挑戦する姿を見ることができたり、毎日たくさんの発見があります。

これからもそんなみんなのたくさんの『できた!』の手助けができるように、コーチ達も頑張ります!これからも一緒に頑張っていきましょう!!

(加藤)

画像(1):

子どもの日といったら!(左から川崎コーチ、門脇コーチ)

※画像撮影者/加藤
拍手   ×  
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。